トップページ > 薬用渋柿石鹸 > 植物性成分100%配合でお肌に優しい【薬用柿渋石鹸】の3つのポイント

植物性成分100%配合でお肌に優しい【薬用柿渋石鹸】の3つのポイント

天然泥成分・天然保湿成分について

【薬用柿渋石鹸】には、様々な有効成分が配合されています。 まず、天然泥成分のベントナイトは、洗浄成分でニオイの元となる皮脂汚れをきれいに取り除きます。 天然保湿成分のハマメリスエキスは、ウィッチヘーゼルの葉から抽出したもので、お肌の引き締め効果やキメのあるお肌へと整えていきます。他にも、シソエキス・茶エキス・甘草エキス・ローズマリーエキス・セージエキスといった保湿成分も配合されています。

肌荒れ防止成分・柿の渋み成分などについて

β-グリチルレチン酸は、消炎作用があるため、肌荒れ防止成分として配合されています。次に、柿の渋み成分の柿タンニンは、防臭だけでなく、お肌を保護する作用があり、トリクロカルバンは、ニオイの原因となる菌を殺菌する作用があります。このように、多くの有効成分配合の【薬用柿渋石鹸】は、昔ながらの釜炊き製法で、長い時間をかけて製造されています。その訳は、保湿感が強く洗い上がりがしっとりした石鹸になるからです。

3つのステップで嫌なニオイを防ぎます。

嫌なニオイの原因は、皮脂汚れ・バクテリア・ノネナールの3つになります。特にノネナールは、加齢臭の原因とされています。 これには、1 洗浄成分ベントナイトで、ニオイの原因を洗い流します。 2 配合されているトリクロカルバンで、ニオイの元を殺菌・消毒しながら洗浄します。 3 柿タンニン成分が、防臭だけでなくお肌に保湿を与え、最後に全身を配合されているさわやかなシトラスムスクの香りにつつみ込みます。